購入〜決済までの流れ

 

お世話になっております。

 

売主さん側の不動産会社から、

 

3750万円で契約を了承いたしますと連絡がありました。

 

しかし、一つ条件が付いています。

 

7月4日と7月6日に見学した方で、もしも定価の3800万円で買うと

 

いう方が出てきた場合は、再度ご相談させてほしいとのことです。

 

その2組の方には、期限を一週間に設定しているとのことです。

 

 

 

しかし、すでに契約書の作成のやり取りに入っていますので、

 

その可能性は非常に低いと思われます。

 

一週間程度で契約書の作成が完了します。

 

20日、21日あたりでご契約をさせていただければと思います。

 

ご契約に関しては、ご紹介させていただく不動産会社の事務所で

 

お願いいたします。

 

 

 

引き渡しに関しては、8月末を予定しています。

 

以下の3点に関しては橋本様のご希望があれば、残しておきます。

 

・各室の照明
・リビング・洋室6.1畳・洋室5.8畳のエアコン(計3台)
・リビングのカーテン
(現状では不具合はありませんが、中古となりますのでご理解ください。)

 

 

必要なければ、撤去いたします。
それらの現地確認が必要であれば、日時調整いたします。

 

 

 

 

 

 

今後の流れです。

 

@手付金入金
(ご契約の前日までに、銀行振り込みにて。100万円で了承を得ています。)

 

 ↓ 

 

A契約 ⇒ 7月20日・7月21日ごろ 平日でも可 調整必要
(ご紹介する不動産業者「ABCハウス」の事務所で行います。2〜3時間程度。ご希望であれば、ご自宅での契約も可能です。これ以降の契約解消は、手付金没収となります。)

 

 ↓  この間、他の銀行での仮審査も可能です。

 

B住宅ローン本申し込み
(銀行にて住宅ローンの本申し込みを行います。スルガ銀行等であれば土日でも手続きができます。2時間程度。ご主人さまの実印が必要になります。)

 

 ↓

 

C金銭消費貸借契約
(銀行にて最終契約をしていただきます。1時間程度。スルガ銀行等なら土日も可能です。新しい住所に移動した住民票が必要になります。また、印鑑証明も必要です。枚数や手続き方法については追ってご連絡いたします。)

 

 ↓

 

D決済 ⇒ 8月末予定
(平日の午前中に、銀行にて行います。終わり次第、現地で鍵の引き渡しになります。売主様・買主様・各不動産会社・司法書士が一同に集まってお金の清算を行います。まずは橋本様の口座に借入金額が入金され、順次精算していきます。すべて清算すると、手付金の金額と数万円〜10万円程度余ります。)

 

 

 

〜Dは、ご主人様の出席が必須です。代理人不可です。

 

当然ですが、鍵の引き渡しまではその他の借り入れ等、

 

新たな債務を作らないでください。

 

転職等もダメです。

 

住宅ローン仮審査の承認が無効になります。

 

 

 

引き渡しまでに必要になる大きなお金は、次の3つです。

 

1手付金
2契約印紙1万円 (契約日までに購入しておいてください。)
3金銭消費貸借契約書類印紙2万円 (銀行が用意します。当日お支払いください。)

 

火災保険料は翌月口座引き落とし
登記費用は決済時に司法書士の口座に入金
仲介手数料は決済時に保険会社に支払い
都市計画税・固定資産税は決済時に精算
当月 管理費・修繕費は翌月口座引き落とし
(火災保険・司法書士はこちらの指定業者をお使いいただきます。)

 

 

 

わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加