リノベーション&リフォーム記事一覧

「リノべーション」と「リフォーム」の違い「リノべーション」「フォーム」の違いは、明確な定義が無くて曖昧なので、私の個人的な見解になりますが、リフォームは「老朽化したものを交換する」「新築時の樣に綺麗にする」と考えています。一方リノベーションは「ライフスタイルに合わせて間取りも含めて新し、新たな価値を付加するようなもの」だと捉えています。リフォームはマイナスをゼロに戻してくれますが、リノベーションは...

オプションエ事で費用がかさむ大手不動産会社のリフォーム事業は、どうなっているのでしょう。参考に、ひとつの例を紹介します。一般的な建築工事の見積りは、各工事別に数量と単価を掛け合わせて、それを積算する形になっています。大手不動産会社の事業ですから、単価や、最終的な施工管理費用や諸経費の率が高いのではないかと漠然と想像していたのですが、実際に私のところに相談に來られたクライアントに、ある大手不動産会社...

プロに依頼するメリットリフォームやリノベーションは、専門の設計者に設計・工事監理を依頼することで、より納得のいく結果が得られやすくなります。平面の計画に時間をかけるリフォームやリノべーションの場合、計画の基本となる平面計画はとかく制約も多く、時間的にも余裕のない場合が多いのですが、仕上がりに納得がいくようにするためには十分に時間をかける必要があります。新築工事の場合も同じですが、平面計画の段階でで...

ここでは、中古住宅をリノベーションするさいにはどのような制約があるのか、具体的に見ていきましょう。構造的制約構造的に重要な部分の撤去などは、原則的にはできません。具体的には、マンションでは基本的にコンクリート躯体の部分は撤去できません。また、柱や梁なども撤去できません・マンションの場合はコンクリートなどの躯体部分はマンション全体の共有物ですので、それを撤去したり傷つけたりすることはできないのです。...

「単価が安い」で選ぶのはNGよい計画と素晴らしい設計ができあがっても、それを実際に施工してくれる施工会社がいなければ、計画は現実のものとはなりません。そこで、よい施工会社を選ぶ方法を紹介したいと思います。通常の場合は、依頼されたリフォームーリノペーションの仕事に適した施工会社を設計者が紹介し、見積りを取って施工をお願いするケースが多くなります。設計者は、リーズナブルで、かつ丁寧な施工をしてくれる会...

新築より技術が必要になるケースも多い新築の場合でも、独立した設計事務所に設計・監理を依頼することがベストであると思います。しかし、リフォームやリノべーションの場合でも、あえて設計士に設計・監理を依頼すべきだと思います。新築の場合は確認申請の手続きが必要ですから、たとえハウスメーカーなどによる設計施工の場合であっても、技術力や関わり方の程度の差はあるにせよ、なんらかのかたちで設計士が関与することにな...

地震への備えということでは、新築住宅よりもむしろ中古住宅のほうが必要性、緊急性が高いといえます。その際、まず確認すべきなのが、建築基準法の「新耐震基準」に合致しているかどうかです。「新耐震基準」は、前述したように1981年6月1日以降から適用されているので、この日以降に建築確認がされていれば、新耐震基準に基づいて構造計算が行なわれているはずです。ただし、戸建て注文住宅の場合、2000年(平成12年...

 このエントリーをはてなブックマークに追加