仲介手数料の値引き交渉してみた!「150万円」⇒「無料」!!

広島市中区新築戸建て住宅建売住宅をお探しの方、

 

仲介手数料の高さにびっくりしませんでしたか?

 

私は4,500万円の建売新築住宅を買おうとしたのですが、

 

仲介手数料の高さに驚愕しました。

 

その新築建売住宅を買うために、150万円も別途払わないといけないといわれたのです。

 

 

150万円ですよ!!

 

 

150万円!!

 

 

家の4,500万円以外に、不動産屋に150万円を支払わないと契約ができないというのです。

 

 

 

高すぎる建売住宅の仲介手数料!!

 

いろいろと調べてみると、仲介手数料は宅建業法で規定されていて

 

物件価格×3%+消費税

 

となっています。

 

私が買おうとした4,500万円の新築戸建て住宅だと、1,522,800円という計算になります。

 

ですから、決して法外な請求ではなかったようです。

 

しかし、私はその家を見に行った時に初めてその不動産屋さんと知り合ったのです。

 

そしてすぐに買おうという話になったのです。

 

それで150万円は少し納得がいかないのです。

 

いろんな物件を紹介してもらって、案内してもらって、相談にのってもらって・・・

 

なら、納得がいくのですが、正直言ってその不動産屋さんには何もしてもらっていないのです。

 

それで150万円は絶対に納得がいかなかったのです。

 

仲介手数料無料の広島

 

 

不動産屋はウソばかり!!仲介手数料のカラクリ!!

私のその気持ちを伝えると、不動産屋さんはこう言いました。

 

「これは宅建業法で決まっていることです。」
「日本全国どこで不動産を購入してもこうなるのです。」
「この150万円は法定請求額です。」
「この150万円をもらえないと、私たちはタダ働きになってしまいます。」

 

広島市中区の新築戸建ては非常に気に入っていましたが、どうしても150万円をはらわないと契約はできないといわれるので、渋々諦めました。

 

 

 

帰ってネットで調べてみると、その不動産屋が言ったことは嘘ばかりでした。

 

確かに仲介手数料は宅建業法で決まっています。

 

しかし、「法定請求額」という表現は非常に胡散臭い言い方です。

 

宅建業法では、仲介手数料の上限が決まっているだけです。

 

 

【物件価格×3%+消費税】と定められているわけではありません。

 

あくまでも上限が【物件価格×3%+消費税】なのです。

 

不動産屋の言い方では【物件価格×3%+消費税】と規定されているととれます。

 

現実は上限が【物件価格×3%+消費税】で、それ以下はいくらでもよいのです。

 

 

 

また、「タダ働き」も大きなウソでした。

 

これも調べてみると、腹が立ってくるほどの真っ赤なウソで、

 

私を丸め込もうとする不動産屋さんの思惑が透けて見えてきました。

 

私から仲介手数料を取らなくても、同じ金額の仲介手数料を家を建てた建築業者からもらえるのです。

 

だから、私が仲介手数料を払わなくても、不動産屋さんには建築業者から150万円が入ってくるのです。

 

「タダ働き」・・・

 

どこがじゃ!!

 

もう、はらわた煮えくりかえります。

 

話の途中に「ボランティアではないんです!!」とかも言っていましたが、

 

本当に誠意のない悪徳な不動産屋でした。

 

 

仲介手数料「0円」になりました!!

手数料の笑顔
しかし、インターネットで見つけたこの業者さんにお世話になりました。もちろん、仲介手数料も「0円」になりました。150万円も節約ができたのです。本当に助かりました!! 節約できた150万円は子供の教育資金として貯金しました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加